女性介護士

話題のサービス付き高齢者住宅|最新介護情報

伝送システムの広まり

介護をする男性

伝送システムを利用して国保連に請求書等を提出するのが一般的な方法となりますが、その伝送システムは安価なシステムを使えば毎月の使用料を1000円程度に抑えることが出来ます。またインターネットからの申し込みも安易に行えます。

Read More

システムを活用して簡素化

食事

介護報酬請求をサポートするシステムの利用

国保中央会伝送ソフトは国が提供するソフトということもあって国保連への介護報酬請求書等の提出には汎用されてきました。しかし、その利用料の上昇も著しく、バージョンアップの度に費用が嵩んでしまうという問題が徐々に介護施設を苦しめることになってきています。 近年では介護に役立つシステムやサービスの提供が広まってきており、介護報酬請求をサポートするシステムも広まってきました。多くの介護システムでは、その付帯サービスとして伝送システムが提供されるようになってきています。そのため、こういったシステムを導入することによって国保中央会介護伝送ソフトを利用しなくても国保連への請求書の提出が行えるようになっています。

伝送サービスソフトやシステムの相場

サービス付き高齢者住宅や大規模な介護施設においては最新の介護システムが導入されているのが一般的となっています。そのため、それに含まれている伝送サービスやオプションサービスとして月に千円前後で利用できるものを利用して国保連への請求が行われているのが一般的です。システムは多数提供されており、料金システムもそれによって異なります。定額制のものと従量制のものがあり、従量制の場合には介護報酬請求額の1%前後が請求されるのが一般的です。全体としては数千円から二万円程度の枠に収まる傾向があります。 一方、伝送ソフトとしての機能のみに特化したサービスを導入するサービス付き高齢者住宅もあります。国保連への伝送サービスのみの伝送ソフトの場合には月額千円程度から存在しており、安価に導入と利用が可能です。

異なる介護保険請求ソフト

老夫婦

介護請求ソフトにはネット回線を利用しないパッケージ型と安く導入することができるASP型があります。一般的にパッケージ型は大規模な事業所、ASP型は小規模な事業者向けとされています。

Read More

ソフトの利用料

男女

介護保険制度の下において、外語報酬請求には伝送ソフトを利用するか、磁気媒体を用いて請求書を国保連に提出しなくてはなりません。その使用料は年々上がっていてソフトの機能の向上とともに料金の引き上げが起こっています。

Read More