家族

話題のサービス付き高齢者住宅|最新介護情報

伝送システムの広まり

介護をする男性

安価に利用できる伝送システムの広まり

現在では介護保険制度にしたがって介護報酬の請求を行うためには伝送ソフト等を利用して国保連に請求書等を提出するのが一般的な方法となっています。 その伝送の方法として、国民健康保険中央会が提供する伝送ソフトを利用するという方法の他にも、民間で制作されたシステムを利用して伝送を行うということも可能です。特に安価なシステムを選べば毎月の利用料が1000円程度で済むものも登場してきています。そのため、国保連への請求書の送付だけのために多額の費用をかけて伝送ソフトを購入しなくてもよいという状況が生まれてきています。インターネット上からの申し込みが容易に行えるようになっており、気軽に導入の方向に進むことができます。

古くからある介護施設で有用なシステム

国保連への介護報酬を行える伝送ソフトとして非常に安価なものが提供されるようになっているのは、それが伝送に特化したサービスの提供であることによります。国民健康保険中央会の伝送ソフトでも民間の介護ソフトであっても、一般的には多機能化が進められているのが価格の上昇の要因となっています。機能の向上は介護施設の運営を容易にしたり、仕事の効率化を進めたりするのに役立ちます。 しかし、伝統的なやり方が既に確立されている介護施設においてはそういった介護システムの導入がかえって効率を悪くしてしまうこともあります。そのため、そういった古くからある介護施設でこそ国保連への請求さえ行えれば十分であり、こういった安価なシステムの導入が大きなメリットとなります。