家族

話題のサービス付き高齢者住宅|最新介護情報

異なる介護保険請求ソフト

老夫婦

介護保険請求ソフトの価格は、事業所のサービスや利用人数などによって異なってきます。パッケージ型の場合、初期費用が必要になりますが、インターネットに接続することなく利用することができるので、セキュリティ面での信頼性が高く、大規模な事業所で利用されるケースが多いといえます。一方、ASP型の場合、初期費用0円で利用することができる場合が多く、月額料金も安めに設定されているので、コストを抑えながら利用することができます。一般的に、パッケージ型は大規模な事業所向け、ASP型は小規模な事業所向けというイメージがありますが、どちらのタイプが向いているかは事業所の規模だけで判断できるものではないので、実際に利用してみて決めることが大切です。

最近の介護保険請求ソフトは、ASP型の登場によって、破格の料金で使用することができるようになりました。ASP型の場合、インターネット環境があれば、ISDNなしでも作業することができるため、初期費用がかからず、月額数千円程度の料金で利用することができます。とくに最近は、初めて介護保険請求ソフトを利用する事業所を対象に、無料期間を実施している企業が多く、実際に介護保険請求ソフトの使い勝手を試してみてから契約するかどうかを決めることができるようになっています。無料期間中に入力したデータは、契約後もそのまま使い続けることができます。逆に、ソフトの使い勝手が悪いと感じれば無料期間中にソフトの利用をやめることができます。